トイレの取り換え時

 

洋式トイレが普及し始めた当時、和式の便器から洋式便器に取り換え工事を行った家庭が多くありました。現在では新築家屋のほとんどに洋式トイレが設置されています。では便器の取り換えはもう必要ないのでしょうか。結論からいうとやはり必要です。便器だけの寿命に着目すれば、陶器製である便器は耐久性が高いことから、ひびが入らない限り何10年でも使い続けることができます。しかし、貯水タンクの中のゴムパッキンや、便器につながる配管などは劣化が進み、20年も使うとやがて寿命がやってきます。放っておくと、水漏れが起きる危険性があります。

また、便器も日々研究開発が進み、新製品が次々と発売されており、10年前に新築したマンションでは、当時の新製品を設置していたとしても、今ではすでに旧型になっています。新しいものでは、節水性能が高かったり、汚れが付着しにくい便器表面になっていたりします。見た目はあまり劣化しないので、交換の機会を捉えにくい便器ですが、トイレは毎日使うものだからこそ、思い切って早めに交換するのが賢い選択です。一方トイレのリフォームには注意も必要です。

なぜなら、一般的にトイレのスペースは広くないことから、便器の大きさだけでなく、配管の位置、使用する場合の人の入るスペースや、さらに掃除をする空間が確保できるか否かも良く検討してから工事にとりかからないと、便器が設置できなかったり、後々使いづらかったりといった思わぬ事態が起きるからです。とはいえ、現在のトイレリフォームの技術は高く、自宅の仕様に合ったリフォームがかなうはずですので、まだまだ必要ないと思う場合でも検討してみる価値は充分にあります。

Copyright © 2014 トイレを見直そう All Rights Reserved.